オンライン無料配信のご案内

武生国際音楽祭2020、YouTubeで無料ライブ配信(および1週間の見逃し配信)の場を設定しました!越前市文化センターで生で聴いていただくのがベストですが、残念ながら当日お越しになれない皆様は、公式チャンネルの登録やリマインダー設定をよろしくお願いいたします!
9月11日19時30分開演:J.S.バッハ&細川俊夫 独奏の調べhttps://youtu.be/3txMZT3UyRI
9月12日19時30分開演:ベートーヴェン生誕250年に寄せてhttps://youtu.be/NqJhfo3_HBA
9月13日11時開演:サンデーピアノリサイタルhttps://youtu.be/1lgdwww-IIc
9月13日15時開演:ファイナルコンサートhttps://youtu.be/3EPHs9dYah8

【9月12日「ベートーヴェン生誕250年に寄せて」前売り券について】

武生国際音楽祭2020の9月12日公演「ベートーヴェン生誕250年に寄せて」は予定数に到達したため前売り券の販売を停止いたします。ご来場を予定されていた方には大変申し訳ございませんが、ご理解をお願いいたします。
なお、11日・13日の計3公演は引き続き販売いたしております。

【上演曲目変更のご案内】※9月13日更新

注目

武生国際音楽祭2020の以下のコンサートの曲目および曲順を、都合により変更させていただきます。当初のプログラムを楽しみにしておられた方には大変申し訳ございませんが、ご理解をお願いいたします。

9月11日「J. S. バッハ&細川俊夫: 独奏の夕べ」
細川俊夫:エチュードI/II/III(伊藤恵)→細川俊夫:メロディアII(北村朋幹)バッハ:パルティータ第2番より「シャコンヌ」(山根一仁)→全曲演奏

9月11日「サンデーピアノリサイタル」
細川俊夫:エチュード I(伊藤恵)が1曲目として追加になりました。

9月13日「ファイナルコンサート」
シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第2番イ短調 D385(山根一仁、北村朋幹)
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲第5番ニ長調 Op. 70-1「幽霊」(毛利文香、岡本侑也、北村朋幹)
武満徹:オリオン(水野優也、北村朋幹)
ラヴェル:ピアノ三重奏曲イ短調(毛利文香、岡本侑也、北村朋幹)

【会場変更のご案内】

本日(9月9日)18時より予定しておりました、武生中央公園での「OSK日本歌劇団&ヴァイオリン・ハープデュオX[iksa]コラボステージ」は、開演時間の予想降水確率が90%を超えることから、「越前市文化センター大ホール」に変更となりました。なお、整理券を既にお持ちの方以外は入場をお断りさせていただきます。広々とした公園でのコンサートを楽しみにしてくださっていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

岡本侑也チェロコンサート

武生国際音楽祭2020のメインコンサートに出演するチェリスト岡本侑也さんのリサイタルを開催します!

日時:2020年9月10日(木)12時30分~(12時開場)

場所:越前市いまだて芸術館

料金:入場無料(要整理券)

プログラム:バッハ「無伴奏組曲5番」
黛敏郎「BUNRAKU」
ソッリマ「ラメンタチオ」

出演:岡本侑也

2017年エリザベート王妃国際音楽コンクール第2位・イザイ賞を受賞し一躍世界に羽ばたいた、今世界が最も注目する1994年生まれのチェリスト。
2011年第80回日本音楽コンクール第1位及び4つの特別賞、第25回(2014年度)新日鉄住金音楽賞フレッシュアーティスト賞、第16回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第28回出光音楽賞、第20回ホテルオークラ音楽賞を相次いで受賞。
これまでにH=J.ゼーフルート、山崎伸子、W=S.ヤン、J.シュテッケルの各氏に師事。ドイツ・ミュンヘン音楽大学を首席で卒業。同大学院ソロ科も首席で修了し、現在は室内楽科でA.チュマチェンコとH.シュリヒティヒ両氏のもと研鑽を積みながら、リサイタルや室内楽、国内外のオーケストラとの共演、テレビ出演と第一線で演奏活動を展開。2019年秋にはイタリアと日本でピアニストのクリスチャン・ツィメルマンとブラームスのピアノ四重奏曲を共演し、両国で大きな成功を収めた。(公財)江副記念リクルート財団第42回奨学生。