ご挨拶

Toshio Hosokawa

武生国際音楽祭2019開催にあたって

武生国際音楽祭が、今年30周年を迎えることができましたことを、音楽祭推進会議の皆さん、そしてこの音楽祭をこれまで支えてきてくださった多くの関係者の皆さんに心から感謝いたします。私も1994年に最初に招待作曲家として招待されまして、武生の地を訪れましてから、一度も休むことなく25年間この音楽祭に通い続けました。そして20年近くこの音楽祭の企画に関わらせていただきました。数多くの試行錯誤をしながらも、この音楽祭に関わったことは、私の人生にとっても大きな意味を持ち、多くのことを学びました。素晴らしい音楽家たちと、この音楽祭で出会い、多くの感動を共有しました。そしていつの間にか武生の街は、私の第二の故郷のようになりました。わがままな私の企画を援助し、支えてくださった多くの皆さんに、心からの感謝を捧げます。
さて今年の音楽祭は、フランス音楽を多く演奏しますが、特別なテーマを設けずに、演奏者が喜んで演奏したい曲を中心にプログラムを組んでみました。世界的なヴァイオリニスト、ヴェロニカ・エーベルレとベルリンフィルの天才コントラバス奏者、エディクソン・ルイース、スウェーデン出身の世界的な歌姫、ケルスティン・アヴェモたちが、武生に初登場します。そして日本が生んだ若き天才音楽家、鈴木優人さんも初めて参加し、音楽祭の合唱団で彼自身が編集したモーツアルトのレクイエムを指揮してくれます。そして才能豊かな日本の若い素晴らしい音楽家たちを、伊藤恵さんが今回も厳選して連れてきてくれます。
作曲ワークショップには、世界的なイタリアの巨匠作曲家、イヴァン・フェデーレが初めて日本でレクチャーと教師をしてくれます。さらに優れた国際的に活躍する若手の作曲家たちも集まってきてくれています。
令和になり新しい時代の幕開けを、古典音楽から現代音楽まで楽しめる武生国際音楽祭で迎えてください。「世界から武生へ、武生から世界へ」というモットーはまだまだ続きます。

 

細川俊夫(武生国際音楽祭音楽監督)

 

武生国際音楽祭によせて

Kei Itoh今年も細川俊夫音楽監督のもと、コンサートプロデュースをさせて頂けること、大変嬉しく思っています。
また、演奏家、音楽祭を支えてくださる多くの皆様、スタッフ、そして何より聴衆の皆様のおかげで、
音楽祭自体が豊かに育っていることに、心から感謝しております。
最近特に嬉しいのは、是非とも武生国際音楽祭を聴いてみたい、行ってみたいと、
お声をかけてくださる多くの方々に出会うことです。
今年もその声を支えに、演奏家達は自らを奮い立たせ、真摯に厳しく音楽と向き合い、
命を削るような演奏を届けてくれると信じています。
ここに集う演奏家達は、音楽に信念を持って、理想の世界に少しでも近づこうとする精神を磨こうとしています。
その姿勢にお互いが共感し、妥協せず、形而上の純粋で美しい世界を音楽に求めています。
今年も沢山の方々と、そのような世界を分かち合えることを、楽しみにしています。

伊藤恵(コンサートプロデューサー)

 

[最終更新日 2017.7.2]