武生国際音楽祭2018 フォトギャラリー

9月8日 ギャラリー叔羅(しくら)での街中コンサート(牧野葵美)

9月8日 ギャラリー叔羅(しくら)での街中コンサート(牧野葵美)

9月9日 オープニングコンサート(伊藤恵、会田莉凡)

9月9日 オープニングコンサート(伊藤恵、会田莉凡)

9月9日 SIPYでのまちなかコンサート(辺見康孝、松村多嘉代)

9月9日 SIPYでのまちなかコンサート(辺見康孝、松村多嘉代)

9月10日 幼児のためのコンサート

9月10日 幼児のためのコンサート

9月10日 シューマンとブラームス(今川裕代)

9月10日 シューマンとブラームス(今川裕代)

9月11日 ドイツ室内楽の魅力(津田裕也、横坂源)

9月11日 ドイツ室内楽の魅力(津田裕也、横坂源)

9月11日 金剛院での街中コンサート(赤坂智子、細井唯、大田智美)

9月11日 金剛院での街中コンサート(赤坂智子、細井唯、大田智美)

9月11日 セルゲ・ツィンマーマン & 伊藤恵リサイタル(セルゲ・ツィンマーマン、白井圭、山本周、横坂源、伊藤恵)

9月11日 セルゲ・ツィンマーマン & 伊藤恵リサイタル(セルゲ・ツィンマーマン、白井圭、山本周、横坂源、伊藤恵)

9月11日 セルゲ・ツィンマーマン & 伊藤恵リサイタル(セルゲ・ツィンマーマン)

9月11日 セルゲ・ツィンマーマン & 伊藤恵リサイタル(セルゲ・ツィンマーマン)

9月12日 引接寺コンサート(珠寳)

9月12日 引接寺コンサート(珠寳)

9月12日 木管楽器の名曲たち(北村朋幹、マリオ・カーロリ)

9月12日 木管楽器の名曲たち(北村朋幹、マリオ・カーロリ)

9月13日 クラシックと映画音楽の愉しみ(伊藤優美、上野由恵、大宅さおり)

9月13日 クラシックと映画音楽の愉しみ(伊藤優美、上野由恵、大宅さおり)

9月13日 弦楽器とピアノの競演(北村朋幹、イレー・スー)

9月13日 弦楽器とピアノの競演(北村朋幹、イレー・スー)

9月14日 新しい地平 I(大石将紀)

9月14日 新しい地平 I(大石将紀)

9月14日 細川俊夫と仲間たち(辺見康孝、赤坂智子、アンドレア・ペスタロッツァ)

9月14日 細川俊夫と仲間たち(辺見康孝、赤坂智子、アンドレア・ペスタロッツァ)


9月14日 吉野小学校でのスクールコンサート(白井圭、伊藤恵、横坂源)

9月14日 吉野小学校でのスクールコンサート(白井圭、伊藤恵、横坂源)


9月16日ファイナルコンサート ブラームス『ドイツ・レクイエム』

9月16日ファイナルコンサート ブラームス『ドイツ・レクイエム』

2018年度のチケット予約を開始いたします

本日2018年5月31日より、武生国際音楽祭2018のチケット予約を開始いたしました!
チケット予約はこちら

チケットのお求め先は以下の通りです(順不同)。
・ローソンチケット 0570-084-005 (Lコード 54264)
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード 782-593)
・e+ (イープラス) http://eplus.co.jp
・武生楽市
・ヤマモト5
・ベル
・シピィ
・アルプラザ鯖江
・いまだて芸術館
・響のホール
・パリオシティ
・越前市文化センター
・エルパプレイガイド

なお、各種のお得なセット料金もご用意いたしました。
・全てのコンサートが聴けるパスポート・・・15,000円
・全てのコンサートが聴ける学生パスポート(大学生以下)・・・5,000円
・回数券(メインコンサート6回分)・・・15,000円(入場料4,000円のコンサートを聴かれる場合、9,000円お得です!)
・ペアチケット(メインコンサート2人分)・・・6,000円(入場料4,000円のコンサートを聴かれる場合、2,000円お得です!)
こちらもぜひご利用ください!

ご注意ください:
学生パスポート、回数券、ペアチケットは越前市文化センターのみでのお取扱となります。

音楽監督細川俊夫より、今年の武生国際音楽祭を振り返って

Toshio Hosokawa武生国際音楽祭が今年も終了した。音楽祭も成長する時,衰退する時があり、現在の武生は最高潮の時代にあり最初から最後まで充実した圧倒的なコンサートが続いた。毎夏,ここで体験する音楽の感動はそれからの一年の糧となり、僕の作曲生活にも影響を与えている。日本の才能豊かな音楽家たちと、海外の熟練の音 楽家たちが互いに競い合い,素晴らしい演奏を繰り広げる。今年はシューベルトからコンテンポラリーへというテーマで、数々のシューベルトの決定的な名作からシェーンベルク、ベルク、ウェーベルン,そして武満やジェルバゾーニまでの音楽を上演した。
続きを読む

弦楽四重奏曲の歴史と魅力

コラム:弦楽四重奏曲の歴史と魅力

前回のコラムでは、室内楽についてご紹介しました。この室内楽を代表するジャンルが、ヴァイオリン2人、ヴィオラ1人、チェロ1人の編成で演奏される弦楽四重奏曲です。世界各地で優れた弦楽四重奏団が活動していますが、武生国際音楽祭2016にも二組の弦楽四重奏団(日本のエール弦楽四重奏団とフランスのディオティマ弦楽四重奏団)が登場し、ウィーン古典派から現代作曲家まで、様々な弦楽四重奏曲を演奏します。
そこで今回のコラムでは、弦楽四重奏曲の歴史とその魅力についてご紹介しましょう。 続きを読む