台風18号の接近に伴う9月17日各種コンサートの実施について

台風18号接近に伴う下記公演の開催に関しまして、現時点では開催を予定しております。
 
9月17日11時開演 ユン・イサンの音楽
9月17日13時30分開始 ピアノ公開レッスン
9月17日16時開演 ファイナルコンサート
 
ただし、今後、天候が急変する場合も考えられます。
今後の状況によるお知らせなどは、随時フェイスブックおよびホームページにてご案内いたしますので、引き続きご確認いただきますようお願いいたします。
ご来場の皆様には、ご心配をおかけしますことをお詫び申し上げます。

9月12日トランペットテールズ 曲順変更のご案内

本日19時30分に開演いたします、トランペットテールズ(イエルーン・ベルワルツ&中川賢一)の曲順に一部変更がございますので、ご注意ください。来場を予定されておられる皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

ガーシュヴィン/ドクシツェル編曲, トランペットとピアノのためのラプソディー・イン・ブルー
ロジャーズ & ハート, マイ・ファニー・ヴァレンタイン
エネスク, 伝説
ヒンデミット, トランペットとピアノのためのソナタ
細川俊夫 , 霧の中で
武満徹, 閉じた眼
リゲティ, マカブルの秘密の儀式

(「霧の中で」と「ラプソディー・イン・ブルー」が入れ替わった形となります)

金剛院「舞踏・音楽のパフォーマンス」における迷惑行為に対する謝罪と反省

まずもって舞踏・音楽のパフォーマンス「静かな嵐」の公演中にカメラによる連写シャッター音の行為があり、演者をはじめ観衆の皆様にご不快とご迷惑をおかけしたことを、深く反省し謝罪いたします。
書面によりご指摘と苦言をお寄せいただいた、パスポートをお買いいただきご参加くださったお客様には、お礼を申し上げますとともに心よりお詫び申し上げます。
そのうえで、この迷惑行為を制止できなかったことは、主催者としての責任であり、申し開きはできないものと捉え、今後の写真撮影、録画には細心の注意を持って対応することを徹底したいと考えます。
また苦言とともにご提案いただいたシャッター音のしないカメラ使用や記録員のユニフォーム着用など参考にさせていただきます。
今回の迷惑行為の言い訳にはなりませんが、撮影者はもちろん主催者が手配したものではありませんでした。とりわけ今回のパフォーマンスに興味を持たれご来場くださった熱心なファンの方で、事前把握できなかったことも含めて反省しております。
なお、しかしながら私たちの武生国際音楽祭は演奏者・アーティストの方々とお客様との和やかなふれあいと交流も大切にしたいと考えております。
皆様のご理解とご協力を得まして更なる音楽祭運営の向上に努力いたします。

武生国際音楽祭推進会議