新型コロナウイルスに関するガイドライン

武生国際音楽祭2020は、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めています。

♪武生国際音楽祭推進会議の取り組み♪

〇出演者を含めたスタッフは、定期的な検温、手指の消毒、マスクまたはフェイスシールドの着用(本番のステージ上を除く)を行い、発熱等体調不良の兆候がある場合には音楽祭への参加を自粛します。また、必要に応じてスタッフのPCR検査を実施します。

〇コンサートの前後で定期的な消毒を行います。

〇会場ホワイエにおける例年の物販・サイン会は行いません。

〇国や地方自治体が指定するイベント入場規制を下回るかたちで、チケット販売数を制限します。8月1日現在、各公演で300名となっております。また当日券販売は未定となっております。

〇演奏の間の休憩時間を通常よりも延長し、併せて換気を行います。

♪ご来場の皆様へのお願い♪

〇発熱等の体調不良の兆候がある場合には入場いただけません。また、来場時にはマスクを着用の上、入口にて非接触型体温計による検温と手指の消毒を行っていただきます。

〇各コンサート開始前に体調不良や検温結果により入場できないことが判明した場合は、チケット代の返金に対応いたします。

〇入場時にはご自身でチケットの半券を切り取ってください。またこの半券には、事前に名前と連絡先をご記入ください(頂いた個人情報は厳正に管理し、コロナウイルス感染拡大防止対策以外の目的で使用いたしません)。

〇出演者への花束等の差し入れはお断りいたします。

〇ひざかけの貸し出しはいたしませんので、体温調節ができる服装でお越しください。

〇演奏後の「ブラボー」等、会場内で大声を出すことはお控えください。

〇休憩時および終演時のホールからの退出時には、密集を避けてゆっくりと席を離れてください。

〇接触確認アプリCOCOAのご利用にご協力ください。

※以上は武生国際音楽祭2020における感染拡大防止対策の一部です。また、これらの対策は変更される可能性があります

[最終更新:8月1日]